交通事故にあったら

自分だけが気を付けていても、巻き込まれてしまう事があるのが交通事故です。それは追突事故、踏み間違えによる事故など様々な要因で巻き込まれてしまい、大きな怪我をしてしまったとき、ただ転んだのとは異なるため後遺症や後遺症害が残る場合があります。それは同じ「後遺」であっても、そこには微妙でありながら大きな違いがあります。

通院そもそも後遺障害という言葉は自賠責保険、つまり自動車損害賠償責任保険の用語で、身体障害者手帳とはまた異なる障害等級や対象範囲を定められたものになります。さらに、交通事故が原因となる後遺障害が残ったときには、その等級に応じ施行令で定められた保険金が支払われます。その認定要件は、4つの点があります。それは1つとして、6カ月以上整形外科への通院を行っていることになります。後遺障害等級認定申請を行う場合、一般的に事故から6カ月経過後に行うためです。2つとして、通院中断が4週間以上ない事が挙げられます。3つとして、レントゲンやMRIなどの画像で裏付けられる自覚症状がある事となります。それと伴い、4つとして自覚症状はあるのにかかわらず、MRIなどの画像において異常が認められず、神経学テストによる所見が存在すると判明したものに関しても対象となります。

自賠責保険には、なぜそのようなことが決められているのかと疑問が生じることでしょう。それは、損害賠償のシステム上の問題となります。事故発生からその治療が症状固定されるまでの「傷害部分」とそれ以降の「後遺障害部分」に分け別々の障害としてそれぞれ請求することになるためです。つまり、障害部分では賠償の対象であったのに、痛みが残っていても自賠責保険で等級認定されていない後遺症においては、賠償対象でなくなってしまうということもあります。

このような後遺障害の種類について、さらに掘り下げて紹介いたします。後遺障害でお悩みの方のお役に立てると幸いです。