CRPSとは

相談
画像引用 《アディーレ:疼痛性感覚異常

交通事故により大きな怪我をしてしまったとき、適切な治療を行っているのに慢性的な痺れや灼熱通を伴った痛み、肌の色が異常になったり、腫れが引かない等という疼痛性感覚異常の悩みが生じることがあります。そのような時には複合性局所疼痛症候群(CRPS)が疑われます。

CRPSは、怪我は軽微で神経損害はなく、怪我後しばらく経過してから発症することが多い、反射性交感神経性ジストロフィー(RSD)はタイプⅠ型、怪我により神経損傷され、怪我直後から発症することが多い、カウザルギーはタイプⅡ型にの2つに分類されます。どちらのタイプであっても手足に主に発症し、顔や身体にはほとんど発症しません。症状として、激しい疼痛や灼熱痛であったり、腫脹や関節拘縮、変色や温度の低下などを含む皮膚の変化などが見られますが、難病指定はされていません。

また、CRPSは場合によりレントゲンやMRIを始めとするの画像検査などでは異常を見つけられないこともあるため、治療を検討中でしたらそれを専門に行っている病院に行くことをお勧めします。痛みに対してなら整形外科でブロック注射で治るのではないかとお考えになる方も多いでしょう。しかし、CRPSであるのなら麻酔科やペインクリニックで、痛みに対する専門家による治療を行う事により改善に向かうこともあります。逆に言うと、効果の上がらない治療を受け続けることで重症化してしまうこともあるため、早期に治療をお考えになり、激しい痛みからの解放をお勧めします。